ひとりごと

お金の管理ができない人はクレジットカードを使ってはいけない

お金の管理ができない人はクレジットカードを使ってはいけない

現金が手元になくても買い物ができるクレジットカードはとても便利です。

しかし、クレジットカードは欲しいものが何でも買える、魔法のカードではありません。

クレジットカードを使っていい人はきちんとお金の管理ができる人だけ。

使った分をすぐに現金から取り分けて、カードの支払いが引き落とされる銀行へ入金できる人なら、毎日の生活でクレジットカードを使ってもいいと思います。

それか、夫婦一緒にお金の管理をやっている人なら。

お金の管理ができないのに、複数のクレジットカードを持って、多額の借金を作ってしまった私は、クレジットカードを作ったことを心底後悔しています。

クレジットカードの限度額は、複数カードを持っていると自分の月収よりはるかに多くの金額になることがあります。

限度額=借金ができてしまう額です。

限度額=自分の貯金ではありません。

借金地獄に陥ると、限度額=自分が使えるお金と勘違いしてしまいます。

リボ払いを活用すると、毎月の返済額は少ないので、「まだまだ使っても大丈夫」と思ってしまうのです。

リボ払いは「毎月1万円の返済」などで済むから、つい気軽に利用してしまいますが、実際払う利息の総額を計算してみて下さい。

30万円分のショッピングをし、毎月1万円返済するとします。

実質年率15.0%だと

返済回数30回、返済総額 35万8125円

元金 30万円、利息 5万8125円になります。(元金均等返済の場合)

銀行の定期預金に預けても、金利はよくて0.15%位です。

30万円を1年間預けても、利息は450円(税引き後は360円)しかつきません。

この金額を比べると、リボ払いの利息がいかに異常なほど高額かがわかると思います。

実際お金に困っている生活を送っていると、現実を見るのが怖くて、そんな計算をしなくなります。見て見ぬふりをしてしまいます。「今」どうにかなればいいと思ってしまうのです。私もずっとそうでした。

でも、これ以上借金を増やさないために、自転車操業に陥らないために、1日も早くこの現実に気づいて欲しいのです。

リボ払いを使い続けていると、あっという間に限度額いっぱいまで使ってしまいます。元金がなかなか減らないのに、利息ばかりが増えていきます。

1度に大きな買い物をしなくても、生活費としてちょこちょこ使っているだけでも、借金はすぐに増えてしまいます。

ポイントが貯まるからクレジットカードを使う方もいると思いますが、カードを使って貯まるポイントなんて微々たるものです。リボ払いにするとポイントが2倍になったりしますが、リボ払いで払う利息の方が、ポイントよりもはるかに多額になります。

お金の管理ができない人は、今すぐクレジットカードを使うのをやめて、現金生活にして下さい。

デビットカードやラインペイなら安心して使える

クレジットカードは後払いですが、デビットカードならカード利用と同時に口座から利用金額が引き落とされるので、口座に残っている金額分しか使えないので、使い過ぎてしまう心配がありません。

LINE Payも、チャージの仕方をクレジットカード登録ではなく、コンビニでチャージしたり銀行口座からチャージすれば、使い過ぎるのを防げます。

デビットカードもラインペイも少しですがポイントが貯まりますし、ネットショッピングでも使えます。私はアマゾンで買い物する時もいつもラインペイを使っています。

ただ、ラインペイはガソリンスタンドや公共料金の支払いなど、利用できない場合もあるので注意が必要です。

格安スマホの契約にもデビットカードではできない場合がありますが、楽天モバイル楽天市場店では楽天銀行デビットカードが使用できます。

楽天銀行デビットカードはauの毎月の支払いにも使えます。

デビットカードやラインペイなどのチャージ式のカードは、クレジットカードほど万能ではありませんが、借金を繰り返してしまう人には安心して使えるおすすめのカードです。

我が家も現在は、今まで使っていたクレジットカードは全て解約しました。ETCカードがどうしても必要だったので、夫名義でろうきんのUCカード1枚だけ新たに作りました。(なぜろうきんのカードなのかは、また後日書きます。)

でも限度額は30万円だし、私用の家族カードも作っていません。カードの管理はもちろん夫がしています。

デビットカードとラインペイがあれば、クレジットカードがなくても生活するのに不便を感じたことはありません。

カードを使い過ぎてしまい、借金をすることがないという安心感は何物にも代えがたいので、今の私にはクレジットカードは不要です。

借金を繰り返してしまう方は、「クレジットカードは便利だけど、とても恐ろしいカード」だということをよく理解して欲しいと思います。

私のように、多額の借金を作ってしまう前に・・・