1回目の借金の話

結婚生活3年間で、総額500万もの借金を作ってしまった

前回の記事の続きです。

結婚する時、独身時代の借金は全て返済しました前回の記事の続きです。 https://syakkin-syufu.com/2018/10/19/2018-10-19-07300...

私は生まれ育った東京の実家を離れ、夫の実家がある地方に嫁ぎました。

当然、友達も知り合いも誰一人いません。

でも、早く実家を出たかった私は、特に寂しさを感じず、新しい生活の始まりにウキウキしていました。

夫の実家とは同じ市内で、車で10分位のところにアパートを借りて新婚生活がスタートしました。

夫は転勤先で人間関係がうまくいかず、以前から勤めていた会社は辞めてしまい、地元の企業に転職しました。

夫の両親は私に正社員で働くことを勧めてきたのですが、新婚生活をのんびりと過ごしたかった私はパートで働くことに。

今思えば、この時から私は考え方が甘かったのです。まだ子供がいない時に、少しでも貯金をしておこうという考えは全くなかったのだから。

夫のお給料と私のパート代を合わせれば、2人で生活するには十分な金額でした。

やりくり上手な主婦なら、月に7~8万円は貯金もできたと思います。

でも、結婚したとはいえ、子供はまだまだ欲しくなかった私は、独身気分が抜けないまま遊びほうけていました。

1~2か月に1回は実家に帰って、東京でショッピングをしたり、友達とディナーを食べたり。

相変わらず洋服や高いコスメを買いまくっていました。

夫とも頻繁に外食したり飲み歩いたり。一度の外食に2万位は使っていました。

それに東京にいた時に通っていたエステの他店舗に、また通い始めてしまったのです。

そのエステだけでは満足できず、さらに違うエステにも通い始めました。

当時のエステは回数券制度で、多額のローンを組んで契約をしていたのです。

最初は美顔のコースだけだったのに、脱毛、痩身と次々と契約をしてしまい・・・

当時は友達もいなかったから、エステに通ってエステティシャンの方達とお話するのがきっと楽しかったのだと思います。

皆さんキレイな方達ばかりだったので、私もあんな風になりたい。もっとキレイになりたいと思っていたのでしょう。

結婚してから、ストレスの影響なのか、体重が増えてしまったのも原因でした。

100万単位のエステのローンを組み、実家に帰るたびに何十万もショッピングをし、夫とは外食三昧。

そんなことをしていたら、お金なんて当然足りなくなります。

遊ぶためのお金だけでなく、生活費もクレジットカードで払うようになっていきました。

リボ払いを当たり前のように使っていたので、どんどんどんどん借金は増えていきます。

毎月返済しているのに、元金はなかなか減っていかない。

お給料だけでは支払いが足りなくなり、返済のためにお金を借りて・・・自転車操業をするようになりました・・・

結婚生活3年間の間に

エステのローン 約250万

私名義のクレジットカードの残高 約150万

夫名義のクレジットカードの残高 約100万(ほとんどは家族カードで私が使った分)

合計 約500万円もの借金を作ってしまったのです。

ギャンブルは一切やっていないのに。

債務整理・過払い金請求なら東京ロータス法律事務所。任せて安心!ご連絡ください。