ひとりごと

お金の教育は子供にしっかりと。借金なんて絶対にしてはいけない

前回、我が家の一本化した借金の残高を公開しました。

我が家はろうきんで夫名義でカードローンを組んで、4.7%という安い利率で借り換えをすることができました。

でもいくら安い利率でも借金の返済は家計の負担になります。

借金なんて人生の中で住宅ローン以外には絶対にしてはいけない。多額の借金をしてしまった私は今、心底そう思ってます。

 

借金なんて絶対にしてはいけない

私は独身時代からずっと借金をしていました。バイト代や給料が入ったらまずは借金の返済をする。お金はほとんど残らないから、またカードでショッピングをしてしまう。ずっとそんな生活をしていました。

成人になってからの人生の中で、借金がなかった時ってほんの数年だと思います。

夫に内緒の借金を3回もしてしまった・・・総額975万円も。本当なら家族なんてとっくに失っていてもおかしくありません。命でさえも。

寛大な夫と子供達、義両親のおかげで私は今家族と共に生きています。感謝してもしきれません。

 

3回目の借金は夫がろうきんでカードローンを組んで一本化しました。

現在、借金の残高は2,190,479円です。

毎月3万円、ボーナス月はプラス6万円返済しています。

一本化する前は複数の金融機関に、毎月10万円以上返済していました。

その頃に比べれば、今は本当に返済が楽になりました。

でも時々思います。「この3万円がなければ、もっと生活が楽なのに」と。

3万円の返済がなければ、毎日辛い思いをして働いているパートを辞めることができたかもしれない。

旅行にもたくさん行けたかもしれない。

子供を私立の学校に行かせることができたかもしれない。

もっときれいな服を着て、ちょっと高級なコスメも使うことができたかもしれない。

ボーナスだって毎回6万円の返済は大きい金額です。もともとの借金額が多額すぎるので少なく感じてしまいますが、冷静に考えれば6万円って大金です。

借金なんて絶対にしない方がいいんです。当たり前のことですが、借金をしていれば貯金をすることもできません。少しでも臨時収入があれば、借金返済に回してしまいます。

 

お金の教育は子供にしっかりと。私のような生き方は絶対にしないで欲しい

お金に困っている生活を送っていると現実を見るのが怖くて、借金の利息がどれだけ高額かなど計算をしなくなります。見て見ぬふりをしてしまいます。「今」どうにかなればいいと思ってしまうのです。私もずっとそうでした。

私の実母も「今現在」のことしか考えていない人でした。だから実母も多額の借金をしていました。

私は親からお金に関しての教育を受けたことがありません。学校ではお金の教育をしてくれません。でもお金は生きていく上でなくてはならない大切なものです。

子供には親が家庭でしっかりとお金の教育をし、正しい金銭感覚を身につけさせることは何よりも大切な生きるための教育です。

私が作ってしまった3回目の借金のことは、子供達も知っています。私は身をもって子供達にお金の大切さを教えることができました。こんなこと、自慢できることではありませんが・・・

子供にはお小遣い制にし、お金がなければ友達と出かけることも欲しいものを買うことも我慢することを教えています。何でも簡単に与えてしまってはいけません。

でもあまりにも制限してしまうと、友達のものを盗ったりしてしまうケースもあるので、判断が難しいのですけどね・・・。親からゲームを買ってもらえない子供が、ゲームのある友達の家に入り浸ってしまったりとか・・・。人様に迷惑をかける位なら、欲しいゲーム機を買ってあげた方がいいと私は思います。

子供には「お金の大切さ」と同時に「お金の恐ろしさ」もしっかり教えます。

私のような生き方は絶対にしないで欲しい。私を反面教師にして欲しい。

我が子は何よりも大切だからこそ、お金の教育は厳しくします。

借金癖は遺伝するのでしょうか?私の実の母親の話をしたいと思います。 私が小学生の時、母親も多額の借金をしてしまい、母は自殺未遂をし、家庭は崩壊寸前に陥りました。...

 

応援して頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金ランキング