2回目の借金の話

残業代が出ない会社を夫は辞めました

私が2回目の夫に内緒の借金をしていた時、2010年の時のことです。

夫は当時働いていた会社は入社して5年目でした。

仕事内容は好きな仕事なので特に問題なく働いていました。ただ上司が無能な人ばかりで入れ替わりが激しく、来る人来る人仕事のできない人ばかりで困っていましたが、同僚や部下が仕事ができる人が多かったため、なんとかやっていくことができました。

しかし夫の勤めていた会社はひどいブラック企業でした。残業代が一切出なかったのです。夫は会社を辞めることにしました。

 

月100時間以上残業をしていたのに、残業代が一切出なかった

当時の夫の給料は手取りで209,401円でした。それはほぼ毎月全く同じ金額でした。1円単位まで。

なぜなら残業代が一切出なかったからです。

夫の契約上の労働時間は7時間30分でした。実際夫が働いていた時間は9時から22時まで。遅い時は23時や24時の時も頻繁にありました。

途中に休憩時間はありますが、1日13~15時間も会社にいる生活を送っていました。

朝も早く出勤していたので、毎日のように1日5時間以上は残業をしています。1か月では100時間以上です。

100時間以上も残業をしているのに、残業代はゼロだったのです。あまりにもひどい会社でした。

以前のように夫が深夜アルバイトをしていれば、時給1000円だとしても100時間働けば10万円にもなります。本来残業代なら割増になるので、もっともらえるはずです。

当時は今ほどブラック企業が社会問題になっていなかったように思います。世の中がサービス残業なんてして当たり前・・・というような感じでした。リーマンショック後だったので、働ける会社があるだけでも有難いという、労働者が弱い環境だったのかもしれません。

1日13時間以上も拘束されるのに、給料は手取りで約21万円・・・。正社員なのに30代後半でこの金額はひどすぎると思いました。

文句を言いながらも夫の同僚や部下達は、会社を辞めることは考えず働いていました。夫の同僚や部下達の奥様は看護師さんだったり、会社員でフルタイム勤務している方が多かったのです。なので世帯収入は多いので、夫の給料が安くても家計が苦しい人はあまりいませんでした。私がコンビニのパートでしか働くことができない我が家だけが、家計が苦しい状態でした。

小さい子供もいるのに、家に帰ってくるのはいつも夜中。あまりにもひどい労働環境なので、夫は会社を辞めることにしました。もちろん次に勤める会社は決めてから辞めました。

4年半勤めた会社の退職金は30万円でした。この30万円は借金の返済や生活費となり、なくなるのはあっという間でした・・・

 

ブラック企業に入社してしまわないように・・・就活時の情報収集はしっかりと

就活時に参考にするハローワークなどに掲載されている企業の求人情報や、会社のホームページには良い事しか書いてありません。

入社してからブラック企業だと気付いてすぐに辞めてしまうのは、就活の時間も努力も無駄になってしまいます。さらにまた就活をしなければいけなくなります。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネに登録すると、会社の評判や残業時間・休日出勤、人間関係など社員が書いた裏事情的な口コミ情報を見ることができます。全てのサービスは無料で利用することができます。

これから転職を考えている方は、私の夫のようにブラック企業で働くことになってしまわないように、このようなサービスを利用することをおすすめします。



応援して頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金ランキング

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です