2回目の借金の話

リボ払いを続けていればいつか支出が収入を上回る時が来る。借金地獄に陥るのは当たり前のこと

2回目の夫に内緒の借金を作ってしまった時。

借金総額は3年間で約200万円もの金額になっていました。

特に大きな買い物をすることもなく。決して派手な生活を送っていたわけではありません。クレジットカードのリボ払いを使い続けてしまったことが主な原因です。

金利15.0%のリボ払い。

銀行の定期預金に預けても、金利はよくて0.15%位。

普通の金銭感覚を持っている方なら、リボ払いなんて絶対に選択しないでしょう。

でも多額の借金を抱えていると、「今」のことしか見えなくなり、金利のことなんて考えられなくなってしまうのです。

 

当時の我が家の家計。リボ払いを続けていて、支出が収入を上回っていた

2回目の夫に内緒の借金をしていた時の我が家の家計。

夫の給料は手取りで20~27万円と残業の有無で毎月違いました。27万円の時はあまりないです。ほとんどが23万円以下でした。ボーナスは手取りで17万円くらいが年に2回。

私のパート収入は月7~8万円位でした。

2人合わせて収入は少ない時で27万円位。これに当時は子供手当が月26000円もらえました。

支出は

・住宅ローン 55000円

・義両親へマイホーム援助代の返済 20000円

・マイカーローン2台分 22600円

・水道光熱費 20000円

・食費・日用品代 80000円

・保育料・保険代・ガソリンなど、その他いろいろ 月によって違うけど70000円位

合計すると約27万円位です。

 

当時のクレジットカード等の毎月の返済金額は

・三井住友カード 約28000円 ショッピングリボ払い 実質年率15.0%

・JCB 約15000円 ショッピングリボ払い 15.0%

・楽天カード 約31000円 ショッピングリボ払い 15.0%とキャッシング 18.0%

・銀行のカードローン 約10000円 7.8%

合計 約84000円です。

収入が296000円に対して支出が354000円です。

どう考えても赤字ですよね。現金で足りない分は食費などカードで払えるものはカード払いして、さらにリボ払いを増やしていました。

当時私は四六時中、お金の計算ばかりしていました。

でもそれは最低限カードの支払いをしなければいけない金額はいくらか。キャッシングはしなくても大丈夫か。カードの限度額までいくら枠が残っているか。

「今」生きていくためのお金の計算でした。金利とか将来のことなんて何も見えていませんでした。今月は〇万円払えばとりあえず生きていける。そう思ってました。

数字で書きだせば毎月赤字なのは確定なのに、いつかどうにかなる。借金がなくなる時が来ると信じて疑わなかったのです。もう、完全に金銭感覚が麻痺しています。

 

夫に借金がバレた時の金額

夫に2回目の借金がバレた時の金額は

・三井住友カード 50万円(限度額70万円)

・JCB 30万円(限度額80万円)

・楽天カード 90万円キャッシング含む(限度額100万円内キャッシング30万円)

・銀行のカードローン 30万円(限度額30万円)

合計約200万円でした。限度額いっぱいまで使っていなかったのですが、バレるのがもう少し遅かったら間違いなく全て限度額に到達していたことでしょう。

限度額=借金ができてしまう金です。

限度額=自分の貯金ではありません。

借金地獄に陥ると、限度額=自分が使えるお金と勘違いしてしまいます。

そしてこんなにも多額の借金なのに、いつか返せる日が来ると信じて疑わないのです。

 

借金は夫婦で共有していれば、決してよくはないけど問題はないと思います。2人とも金銭感覚が麻痺していればいけないですが、共有さえしていれば、必ず解決できる術はあるはずです。

配偶者に内緒の借金をしてしまっている方へ。今すぐ現実見て下さい。

これは過去の私に1番言いたい言葉です。

お金の管理ができない人は、クレジットカードを持たないようにして欲しい現金が手元になくても買い物ができるクレジットカードはとても便利です。 しかし、クレジットカードは欲しいものが何でも買える、魔法のカ...

 

応援して頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金ランキング