2回目の借金の話

仕事が決まらない・・・小さな子供を抱えての就活の難しさを痛感する

2009年の夏。下の子が2歳の時、住宅ローンの増加とマイカーローン、クレジットカードのリボ払いを使い始めてしまったことで、我が家の家計は苦しくなってしまいました。

私は2歳の息子を保育園に預けて、パートとして働くことを決めました。

しかしこの時、世の中はリーマンショックの影響で不景気。

私は資格もキャリアも持っていないうえに、小さな子供を2人抱えての就活は前途多難でした。

すでに新規オープンのスーパーと総合病院の案内係のパートは不採用となってます。

 

次に応募したのは保険会社の臨時の事務員

就活の仕方は主にハローワークと新聞折込の求人広告、お店などに置いてある無料の求人情報誌、インターネット、あとは店舗などに貼ってある求人募集などを探していました。

次に見つけた働いてみたいと思った求人は、保険会社の事務員でした。

育児休暇を取得する方の穴埋めのための臨時採用で、期間は1年のみの勤務です。

本当は長く働ける職場がよかったのですが、とりあえずすぐに仕事を決めたかったので応募しました。

まずは書類選考があり、無事通過したので説明会を兼ねた筆記試験会場へ。

そこには応募者が20人位いました。その場で大学生の就活生が受けるような難しい筆記試験と適正検査を受けました。

筆記試験と適正検査を通過したのは20人中たったの4人です。運よく私はその4人の中に入ることができました。

その日のうちに面接を受け、とても好感触だったのですが結果は不採用。

でも私は20人中4人の中に選ばれたことで自分に自信をもつことができ、とても前向きに就活を続けることができるようになりました。

 

近所のドラッグストア。ここで働きたかったけど泣く泣く諦めることに

次に応募したのは近所にあるこじんまりとしたドラッグストアです。

このドラッグストアは以前からお客として利用していて、スタッフさんがとても優しくて接客の素晴らしいお店でした。

書類選考はなくすぐに面接を受けました。店長さんは女性の方です。

お客として利用していた時の印象そのままで、店長さんは優しい素敵な方でした。私はどうしてもこのお店で働きたいと強く思い、その気持ちを面接で伝えました。

ただ問題があり・・・

勤務はシフト制なので、1週間の内何回か閉店作業をする日があるのです。閉店時間が19時なので、閉めの作業をすると退社時間は19時20分位になってしまうとのこと。

保育園の延長時間は19時までです。そうなるとお迎えの時間が間に合わなくなってしまいます。

それとドラッグストアなので当然土日の勤務もあります。子供達の通っている保育園は土曜保育はありますが、日曜保育はありません。でも市内の他の保育園に日曜日だけ預けることはできるのです。

私は日曜保育を利用しようと思いましたが、保育士さんに「保育士よりも多くの日数を保育園に通うことになるのはかわいそうですよ。できれば日曜日はお家でお母さんと一緒に過ごせるようなお仕事を探して欲しいです」と言われてしまいました。

私は1日も早く仕事を探すことばかりに夢中になってしまい、子供の気持ちなど考えていませんでした。

確かに1週間、ずっと保育園に通わせるなんて子供がかわいそうです。私だって可愛い我が子と一緒にいる時間が欲しいです。

大切なことに気づかせてくれた、この時の保育士さんの言葉。私は決して忘れることはないと思います。今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

面接の感触も良く、このドラッグストアで働きたいと思ったのですが、面接の結果の連絡をもらう前に私はお断りの電話をしました。

やはり閉店勤務ができないので、働くことはできませんと。

私はこの時、小さな子供を抱えての就活の難しさを痛感しました。

 

応援して頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


債務・借金ランキング

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です